CAPとは

CAPとは Cid  Asaut  Preetio(子どもへの暴力防止)の頭文字をとったもので、子どもたちがいじめ・痴漢・誘拐・虐待・性暴力といったさまざまな暴力から自分を守るための人権教育プログラムです。

子どもを対象にしたプログラム(子どもワークショップ)では、就学前・小学生・中学生・障がいのある子・養護施設の子どもたちにそれぞれ発達段階にふさわしい寸劇・歌・人形劇・討論などを盛り込んで、子どもを怖がらせることなく暴力防止の具体的対処法を教えます。

従来の「~~してはいけません」式の危険防止教育とは根本的に異なり、「~~することができるよ」「~~してもいいんだよ」と身を守るための行動の選択肢を練習します。安心・自信・自由の人権を子どもたちにくり返し伝えることで、すべての子どもたちが本来持っている「生きる力」を引き出すプログラムです。

学校や保育所・幼稚園をキーステーションとして、子ども・教職員・保護者にワークショップを提供します。

CAPプログラムの3つのワークショップ

★教職員ワークショップ

★保護者ワークショップ

(この2つをさしておとなワークショップといいます)

●おとなワークショップは、さまざまな大人を対象に単独でも実施できます。要保護児童対策地域協議会や教職員研修会などにも使われています。

★子どもワークショップ(年齢に応じたプログラムがある)

◆CAP就学前プログラム

◆CAP小学生プログラム

◆中学生暴力防止プログラム

◆障がいのある子どもへのCAPプログラム

◆CAP児童養護施設プログラム

 

●子どもワークショップは、保護者ワークショップと教職員ワークショップと一緒に実施します。

CAPの歴史

1978年 アメリカ、オハイオ州コロンバス市のレイプ救援センターで誕生

1985年 森田ゆりさんによって日本に紹介される

1995年 日本で初めてのCAPスペシャリスト養成講座の開催、

     この年にCAPトレーニングセンター設立、各地でCAPプログラムを提供するグループが活動を始める

1998年 CAPセンター・JAPAN設立

2009年 北部CAPトレーニングセンター J-CAPTA設立

CAPプログラムの理念・3つの柱

  1. 「子どもの権利」
  2. 「エンパワメント」
  3. 「コミュニティ」
「子どもの権利」

CAPは、あらゆる暴力を人権侵害と捉え、子どもは「安心して」「自信を持って」「自由に」生きるという3つの権利を持っていることを伝えます。子どもたちは「自分は大切な権利を持っているんだ」と知ることで、暴力に立ち向かうために必要な人権意識、つまり「何としても大切な自分を守るんだ」という意思を持つことができます。


「エンパワメント」

子どもの問題解決力への信頼と働きかけ。

エンパワメントとは、今まで力を持たされてこなかった人たちの本来持つ力を信じ、その力や個性を発揮させ、自己決定ができるよう働きかけることです。

従来の暴力防止の方法は「~~してはいけません」という禁止や行動の制限であったのに対し、CAPでは子どもを大人が守るべき齢存在とは捉えず、子どもの本来持つ力を信じ、安心・自信・自由の権利が奪われそうになったときにできることを一緒に考えます。具体的には役割劇(ロールプレイ)を通して、NO(「いや」と言う)GO(逃げる、その場を離れる)TELL(誰かに話す)という自分を守る方法を学びます。


「コミュニティ」

家庭・学校・地域をつなぐこと。子どもへの暴力を防ぐには、子どもを孤立させないことが重要ですが、そのためにはまわりの大人が子どもの話を聴き、気持ちを受け止め、子どもと一緒に行動の選択肢を考える必要があります。

CAPプログラムでは、子どもワークショップ実施の前に、おとなワークショップ(保護者ワークショップと教職員ワークショップ)を実施し、子どもの人権尊重、暴力の基礎知識、暴力防止のためにできることなどを伝え、保護者や教職員と共通理解を図ります。

所在地

〒569-1124

大阪府高槻市南芥川町8-1-317

TEL/FAX 072-681-6866

e-mail cap-mishima-osaka@y7.dion.ne.jp